仕事探しのために必要なサポートを受けることは、望みを叶える手段

困った人をサポートする仕事
		弁護士の求人内容

応募資格について

一般的なアルバイトの場合は、求人サイトに載っていて求人に応募したり、求人雑誌を見て応募したりします。
コンビニ、レストラン、居酒屋のようなアルバイトの場合は、資格や免許が無くても働くことができます。
しかし、弁護士になるためには弁護士資格が必要なのです。その資格が無いと、弁護士として働くことができません。
その弁護士資格を取得するためには、司法試験に合格する必要があります。
司法試験に合格するのは非常に難しいですが、司法試験を受験するまでの道のりも簡単ではありません。
司法試験を受ける方法は、大別して2通りあります。ロースクールを修了するか、司法試験の予備試験に合格するか、の2通りです。

弁護士資格を取得するためには、司法試験に合格しなければなりませんが、司法試験に合格したからといって弁護士資格が取得できたわけではありません。
合格したら、1年間の司法修習を受けて、司法修習考試験に合格する必要があります。司法修習考試に合格して、初めて弁護士になることができるのです。
弁護士の求人は様々ありますが、弁護士資格を取得したら、法律事務所に就職するのが一般的です。しかし、平成18年に司法試験の制度が変わったことで、合格者数が増えてきています。
飽和傾向にあるとも言われているので、資格を取得したからといって、一生安泰というわけではありません。
そのため、資格取得をした多くの弁護士は、法律事務所で実践経験を積んで、自分で開業しています。弁護士から裁判官になったり、検察官になったり、という人も多いです。